施設警備を任せて安心|防犯意識をしっかりもって犯罪を予防しよう

気軽に頼める

防犯

鍵屋さんを選ぶ時には、どこの鍵屋さんが信頼できるのかを見極めるために、慎重になる必要があります。日本全国に店舗を構えているところは、信頼できる条件の一つと言えます。すぐに駆けつけてもらって鍵のトラブルを解決してくれます。

詳細へ

防犯カメラの導入

一軒家

家庭用の防犯カメラを購入する際には、どういった手続きが必要なのかというのは、チェックしておきましょう。工事を行なう際に必要な手続きが済んでいなかった場合は慌てる事になるので早めに行動しましょう。

詳細へ

気軽に交換できる

女の人

鍵を交換する場合には、平均額として二万円前後の費用が発生する事が多く、びっくりするような高額費用にはなりません。交換する作業と鍵の値段だと考えると非常にリーズナブルな価格だと思えます。

詳細へ

防犯を高める

警備員

人々の防犯意識が高まっています。

防犯意識が高まったことで、年々空き巣や侵入窃盗の被害が減少しています。 しかしまだ防犯対策をしていないという人や、どのような防犯対策をしていいのか分らない、という人のために、防犯対策の方法について説明します。 まず一戸建ての侵入経路として最も多い玄関からの侵入対策です。玄関からの侵入を防ぐためには鍵が重要になります。 具体的には、ピッキング、サムターン回し、カム送りといった鍵開け侵入対策がされてある、開けにくい鍵を2つ取り付けることです。 空き巣や侵入窃盗は、鍵開けに5分以上かかった場合は侵入を諦めると言われています。したがって開けにくい侵入対策がされてある鍵を2つ取り付けることで侵入を諦めさせることができます。

次にガラス破り対策です。

ガラス破りは、マンションの空き巣や侵入窃盗の侵入経路として最も多く、一戸建てでも玄関からの鍵開けに次いで多い侵入経路です。 ガラス破りという手口は文字通り、ガラスを割って侵入するという方法です。 このガラス破りを防ぐには、割れにくいガラスの防犯強化ガラスにすることで侵入を防ぐことができます。 そして防犯対策として最も有効とされているのが、施設警備を行なってくれるホームセキュリティーとの契約です。 ホームセキュリティーと契約をすると警備会社のシールがもらえます。その警備会社のシールを玄関や窓ガラス、ポストなどの目立つところに貼るだけで、空き巣や侵入窃盗は侵入を諦めます。 施設警備である ホームセキュリティーとの契約は、ホームセキュリティー会社によりますが月々3000円〜5000円で利用できます。